スカウティングの機能

雑草の識別

特に生育初期の雑草を識別し、被覆率と発生密度を自動計算します。雑草が複数発生している状態の写真を撮るだけで判定可能です。

アルゴリズムについて

アルゴリズムについて

267種類以上の雑草に対応しており、精度は各生育ステージによって異なります。

 

より精度が高いのは、50 cm以内の距離から撮影した生育初期の雑草のケースです。

 

雑草種の特定が困難な場合は、属、科または双子葉・単子葉かを解析します。

 

 

 

I acknowledge the transfer of my personal data to Google according to the privacy policy

Accept