フィールドマネージャーの機能

圃場の見える化

圃場内の情報を一元で管理、分析することで、データに基づいた意思決定をいつでも誰でも行うことができます。

本機能のメリット

自動更新の植生マップ

衛星データに基づいて各圃場内のゾーン毎の生育状況を解析します。

  • 一般に利用されている衛星画像解析の多くは、解析のその瞬間の相対値であり、したがって異なるタイミングや圃場同士で解析結果を比較することが困難です。ザルビオの植生マップは絶対尺度に基づいているため、異なる圃場間や経時変化を容易に直接比較することができます。前年との比較も可能です。
  • 自動更新される植生マップ情報を活用することで、施肥・防除・水管理などの意思決定をより的確に行えます。 
  • 実施した栽培管理の効果について洞察を得ることも可能です。
  • 圃場の異常を早期に把握し、圃場調査の優先順位を考慮する際にも便利です。

植生マップ履歴

最大15年分の衛星データに基づき圃場内の生育ムラの傾向を解析 

  • シーズン前:過去の植生マップを参照して、土づくりや播種を計画
  • シーズン中:生育ムラ解消のための可変施肥マップなどを植生マップ履歴から任意に作成可能

圃場内の詳細分析マップ

植生マップ、土壌マップ、施肥マップなどを並べて表示し、比較検証を行うことが可能です。

  • 比較検証することで、実行した施肥などの作業が圃場内の生育状況にどのように結びついているか、分析することができます。
  • これにより栽培管理を最適化し、より高い収量の達成を支援します。

気象情報

詳細な気象分析、例えば1時間単位の天気予報や過去の気象履歴を、圃場ごとに確認することができます。

  • 天気、気温、降水量、風速/風向等の予測に基づき、ドリフトリスクを最小化する散布作業に最適な時間帯が推奨表示されます。
  • 今季の気温や降水量の履歴と過去10年間の平均との比較表示も可能です。
スカウティングとの連携

ザルビオ スカウティングアプリとザルビオ フィールドマネージャーの連携が可能

スカウティングをフィールドマネージャーと連携することで、圃場内で撮影した写真や分析結果を全て同期保存することが可能です。また、スカウティングを用いた圃場調査計画を作成し、作業を従業員等に割り当てることも可能です。